« 首都ボゴタ・Usaquen(ウサケン)地区のお洒落な日曜市 | トップページ | 年末年始・コロンビア国内外への御旅行手配はお早めに »

コロンビアアマゾン・レティシア、注目のデスティネーション

Leticiaamazon04_3 最近様々なグループの手配が重なっていた中で最大級のものが、東南端にある国境沿いのアマゾン川流域の町(県"都"ですが実質は"村")「レティシア」への33名の送客でした。ブラジル・ペルーと国境を接するこのレティシアですが、実は数年前までは観光地としては殆ど見向きもされていませんでした。それが昨今では観光地としてだけではなく、喧騒とは無縁ののどかな場所・そしてアマゾン地帯という特殊地域性からか、各種会議の場として注目を浴びています。故に昨今では航空券やホテルの予約が取り辛い日もあります。

現地レティシアへは首都ボゴタから空路でちょうど2時間です。飛行中機内の窓から見えるのは一面密林地帯のみで、道というものが殆ど見られません。

Hotel_decalodge_ticuna02_4 Hotel_decalodge_ticuna05_3 このレティシアが観光地・会議開催地として注目されるようになったきっかけは、画像にあるこのホテル"Decalodge Ticuna"が数年前にオープンしてからです。それまで現地でまともなホテルといえば一つしかありませんでしたが、コロンビア国内最大級のホテルグループである「デカメロン」がこの地にホテルを開業してから一気に注目されるようになりました。そして現在では観光地としての需要だけではなく、ブラジル・ペルーをまたぐ「3国会議」なども開催される国内の要所になりました。

Tabatinga02_2 Tabatinga03_2 宿泊先のホテルから車で5分ほど移動するだけで、そこはブラジルとの「国境」です。しかし国境と言ってもそこにあるのは小さな「石碑」と「案内板」のみで、国境を象徴するゲートや出入国管理局などは全くありません。故にパスポートコントロールもなく、両国エリア間を「パスポートなし」で自由に行き来できます。

両国の出入国管理は、例えばコロンビア側であれば「レティシア空港」内で行っています。それはここレティシアから他の町へ陸路で移動する手段がない「陸の孤島」であるが故の事です。つまりブラジル側からコロンビアへ入国した人は、どうやっても空路でしか移動できない為に空港で入国審査が出来てしまう訳です。

ちなみにブラジル側・ペルー側への立ち入りは、日帰りのツアー(主としてアマゾン川をボートでの移動)であればパスポートは不要という珍しい場所、それがここレティシアです。観光地として認められたのがここ数年の話ですので、まだまだ乱開発とは無縁の「素朴なアマゾン地帯」を体験できます。ちなみに2010年11月一杯まで、毎週水曜日に限定してレティシア空港のメンテナンスを行っており、この日は空路便の発着がありません。ご注意下さい。

レティシア・アマゾンへの御旅行のお問い合わせ・御予約はANDES TOURS


 

|

« 首都ボゴタ・Usaquen(ウサケン)地区のお洒落な日曜市 | トップページ | 年末年始・コロンビア国内外への御旅行手配はお早めに »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

どうやら、アビアンカも、Star Alianceに加盟するようですね、copaの申請も、ほぼ、受理さるようですし、この連合のプレゼンスが大きくなりますね。ところで、ボコダから、こちらに向けての飛行機の中で、infanteの荷物の取り扱いは、現在、どうなっているのでしょうか。通常、大人の航空券の10%の料金になりますが、そうしますと、預けられる荷物は、10kg x 1、及び、乳児用多機能ベビーカーとなるんでしょうか。
恐れ入りますが、教えて頂けますか。

投稿: タマリ-ト | 2010年11月12日 (金) 09時38分

こんにちは。AviancaとCOPAのスターアライアンス(以下スター)入りの話は、次回投稿します。

既にスター入りしているコンチネンタル(正式にはユナイテッド航空に名称変更)と強力な関係にあり、同一マイレージプログラム「ワンパス」を運営しているCOPAのスター入りは自然な流れであり、順当です。

しかし、コロンビア国内の複数路線でこのCOPAと完全に競合しているAvianca+TACAのスター入りは、非常におかしな話です。

航空連合はそもそも各航空会社間の共栄・共存・相互利益を目的としている筈で、コロンビア国内では実質「敵対関係」にある両社が同一航空連合に加盟するのは、日本ではANAとJALと全く同じ事例であり、常識で考えれば有り得ない話です。私に言わせれば、Avianca+TACAはスターではなく「スカイチーム」に入るべきです。

お問い合わせの件ですが、「こちら」というのは「メキシコ」の事ですね。通常2歳に達しない乳児のお子さんが「国際線」を利用される場合には、大抵のケースでコメント通り10kgを上限とする手荷物1個+ベビーカーを持ちこむ事が可能です。料金は基本的に大人の方に相応するものの10%です。

但し、行きが2歳未満でお戻りの時点で2歳に達する場合には、例え出発時に乳児であっても全行程の中で2歳に達する事を前提に「小児運賃」とそれに準ずる荷物規定が適用されます。

投稿: 管理人 | 2010年11月12日 (金) 11時56分

どうもです。
確か、10月1日から、AV等、荷物に対してのレギュレ-ションが変更になっているかと思います、確かめて、頂けますか。
今回は、スターアライアンス加入の件で、AVに乗ろうかなと考えています。

投稿: タマリ-ト | 2010年11月12日 (金) 21時46分

詳しくは下記を御参照下さい

http://www.avianca.com/Inicio/Navegacion/ViajaConNosotros/Antes+del+Vuelo/es/Equipaje.htm

投稿: 管理人 | 2010年11月12日 (金) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 首都ボゴタ・Usaquen(ウサケン)地区のお洒落な日曜市 | トップページ | 年末年始・コロンビア国内外への御旅行手配はお早めに »