« 年末年始・コロンビア国内外への御旅行手配はお早めに | トップページ | 首都ボゴタ旧市街・年末年始の光景 »

Avianca航空とCopa航空が同時にスターアライアンス入り

先日の報道を既にご存知の方も多いと思います。コロンビア国内で空路網を展開する"Avianca"と"Copa"の両航空会社が世界的な航空連合である「スターアライアンス」(以下スター)に加盟を申請し、受理される見込みです。

Img_2464 パナマを拠点に中南米域内では確たる地位を築いているCopa、そしてその傘下会社として先日AeroRepublicaから社名変更した"Copa Colombia"のスター入りは自然の流れでした。

Copaは元々「コンチネンタル航空(以下CO、既にユナイテッド航空へ社名変更)」との強力な関係があり、COのマイレージプログラム「One Pass」を運営していますから、COがスターの有力なメンバーである以上Copaのスター入りは当然の結果です。また、Copaコロンビアも同時にスター入りという事になります。

Img_2467 一方、かつてコロンビアのフラッグキャリアであったAviancaのスター入りには正直かなりの驚きを持って受け止めました。先日当ブログにおいて「コロンビアの航空業界再編」と題して、このAviancaについてコメントしたばかりです。

今年に入りエル・サルバドルとペルーに拠点を持つ"TACA"との資本合併を行ったAviancaですが、大手航空連合に入らなければ合併効果は限定的とコメントしました。それがまさかCopaと同じスター入りするとは・・・

Aviancaは現時点で「デルタ航空」と共同運航を行う関係にあり、「エールフランス航空」ともマイレージプログラムで提携関係を持っています。両社とも別の航空連合「スカイチーム(以下スカイ)」の有力メンバーであり、私はAviancaはいずれスカイ入りすると見ていました。他方、TACAの方はマイレージプログラムの提携関係の中に「ユナイテッド」「ルフトハンザ」といったスターのメンバーがあります。

スターのメンバーには日本の航空会社では"ANA(全日空)"の名があり、ANAマイレージプログラム会員の方でしたら、今後Avianca・Copaいずれの御利用でもマイルが加算される事になる筈です。

しかしちょっと待ったimpact AviancaとCopa Colombiaはいずれも首都ボゴタを拠点とし、複数の路線でシェア拡大をしのぎ合っている「敵対関係」にあります。航空連合の運営趣旨は確か「共存・共栄・相互利益の拡大」にある筈です。その為、加盟各社は重複する運行路線についてはどちらかが減便・若しくは一方が路線撤退をして残った方で共同運行扱いとするか、運行時刻をずらすなどで相互の利益を損なわない配慮をします。

これに従えばAviancaとCopa Colombiaはコロンビア国内の幹線路線においてどちらかが路線撤退・若しくは減便をしなければ「共倒れ」です。日本で言えばまさにANAとJALが同一航空連合に加盟するようなもので、常識で考えれば両社同時のスター入りは本来「有り得ない」話です。今後一体どのような事になるのか、「コロンビアの空域」がにわかに慌ただしくなってきました。

|

« 年末年始・コロンビア国内外への御旅行手配はお早めに | トップページ | 首都ボゴタ旧市街・年末年始の光景 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

これには驚きましたね。
とはいえ、スターアライアンスのほうがスカイチームより絶対使い勝手がいいので(コロンビアに住んでいる分には)、よかったのかもしれません。ところで、いつからアビアンカやTACA利用でスターアライアンスのマイルがたまるんでしょうか?スターアライアンスのマイルでアビアンカを利用できることにもなるんですよね?

JALが入っているOne Worldのほうが魅力が薄れてきた感じですが、LANのAires買収で頑張ってもらうしかないでしょう。

投稿: エスペランサ | 2010年11月14日 (日) 09時13分

こんにちは。AviancaとCopaのスター入りに関する記事がこちらにあります。

http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=46815

大抵のケースで申請から正式加盟までの間に各種審査を受けますので、およそ2年かかります。両社共に財務体質には問題がありませんが、あとはコロンビア国内路線及び一部の国際線が重複している事について、どちらが「百歩譲って」路線減便・若しくは撤退するかですね。これが最大の課題になると思います。

昨今はスターの「肥大化・一人勝ち」が顕著になっています。スカイチームもそれなりに大きいですが、何しろ使い勝手が悪く、日本の航空会社は加盟してないので尚更ですね。

One Worldについて、当方の個人的意見としては「アメリカン」「イベリア」「LAN」は極力付き合いたくない会社です。コロンビア中のエージェント関係者もおそらく同様の意見の筈です。詳しい説明は割愛します。

スター関係では、現在「コンチネンタル」が日本行きのチケットでは最安価格を提供しており、先日再運航を開始した「ルフトハンザ」もボゴタ発日本行きの料金は「1年有効」でしかもかなり安く出しています。エアーカナダは、以前は安い料金を出していましたが、最近は少々魅力が薄れた感があります。

投稿: 管理人 | 2010年11月14日 (日) 09時59分

ええ!この情報は嬉しいです。スターしか利用しない私には、たびたびボゴタ行きでこの2社がスター入りしたらな~と常々思っていました。これでもっと気軽に?コロンビアに行けそうです。
管理人さんならではの細かい情報でした!
ありがとう!

投稿: Mako | 2010年12月 3日 (金) 01時42分

こんにちは。コメントが遅くなりました。

コンチネンタルと密接な関係があるCopa航空のスター入りは間近だと思っていましたが、まさかAviancaまでがスター入りとは正直かなり驚きました。私が言わずともAviancaも当然両社の関係は知っている訳で、ではなぜスターに入るのか、とても不思議です。

もっとも私自身は「スカイチーム」「ワンワールド」はどうも使い勝手が悪いと思っていますので、スターのメンバーが増える事自体は嬉しいニュースです。

投稿: 管理人 | 2010年12月 5日 (日) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年末年始・コロンビア国内外への御旅行手配はお早めに | トップページ | 首都ボゴタ旧市街・年末年始の光景 »