« マカをしのぐ優れもの!?コロンビアのスーパーフルーツ・ボロホ | トップページ | コロンビアの航空業界再編 »

国際フラワーEXPO / 竹久野生さんの個展 / 続・スーパーフルーツ・ボロホ

多彩なタイトルになってしまいました coldsweats01 まずは「国際フラワーEXPO」の話から。アジア最大級の花卉業界の商談展「フラワーEXPO」が幕張メッセで10月28日から30日までの期間開催されます。詳細はこちら←をご覧下さい。尚、この商談展は花卉業界関係者のみ入場が可能で、一般の方は残念ながら入場・見学は出来ません。

20080926_img_0837_2 コロンビアからも業界団体「Asocolflores」を始め、複数の花卉業者が参加されます。世界トップクラスの質・量を誇る「コロンビアの花卉」、私の方では このフラワーEXPOに参加される一部の方の日本行きチケットを承りました。このブログをご覧になられた日本の花卉関係者の方々、是非ともコロンビアの花卉にご注目下さい。

コロンビア・特に首都ボゴタを観光で訪れる方のガイドをされる際、女性の方々には時にルートの途中で「寄り道」をして花屋さんが並ぶ一角をご案内すると、喜んで頂けます。加えて価格をお教えするとその安さにビックリされます。検疫の問題もありますので当地からお持ち帰りになる事は出来ませんが、「コロンビアの花卉」の「沢山の画像」をお撮り頂いています。

次なる話題は、首都ボゴタ近郊在住の画家・「竹久野生(のぶ)さん」の個展です。個人情報保護という理由もあり、私はどのような方々とお付き合いがあるかは殆ど公表しませんが、この野生さんだけはもう公表してしまったので、今更隠す事もありません。

その野生さん、昨年辺りから頻繁に「日本遠征」を重ね、今回も長期遠征中です。日本へ到着されてからどこでどんな活動をされているのか把握できませんでしたが、どうやら近日ですと福岡市の「ギャラリーおいし」←で10月26日から31日まで個展を開かれるようです。お近くにお住まいの方々、是非ともお立ち寄り下さい。

ちなみに竹久野生さんに関するこんな記事←こちらを見つけました。顔を出してしまったらもう「公人」ですね。そう、こちらが野生さんです。

20101023_img_4049 そして最後の話題が、先日ご紹介した「コロンビアのスーパーフルーツ・ボロホ」の続編です。先日の投稿で「足のむくみがなくなり、疲れが取れる」とご紹介しました。画像が毎朝飲んでいるボロホペースト・牛乳・バナナを合わせてミキサーにかけたものです。毎朝小さじ一杯程度のボロホペースト、これだけで本当に疲れ知らずです。

今週はアマゾンジャングルへのゲートウェイ「レティシア」へのおよそ30名様のチケット手配から始まり、複数のグループや年末旅行の手配などを受け持っていました。以前まででしたら疲労が相当蓄積する状況でしたが、スーパーフルーツ・ボロホのお陰で週末の今日も元気でブログ記事執筆に集中しています。

現時点で私自身がこのボロホを日本へ輸出する事に関与する予定はありませんので、一消費者として公平な立場から申し上げると、やはりボロホは「コロンビアのスーパーフルーツ」だと思います。疲労回復効果は私には適用しました。ペルーの「マカ」をしのぐ"抗酸化作用"も本当かもしれません。次回の日本への一時帰国時に、大手製菓会社研究所に勤務している友人に「成分分析」を依頼してみるつもりです。

|

« マカをしのぐ優れもの!?コロンビアのスーパーフルーツ・ボロホ | トップページ | コロンビアの航空業界再編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ボロホですか、聞いた事ありませんでした。
又、来月、戻りますので、その時に購入したいと思います、なにせここは、コロンビアとは、大変違った食習慣がありますので、タマル、エンパナ-ダ等が懐かしく思えます。
旅行手配は、日本の方を対象にされるのでしょうすか。これからの旅行会社は、企画力によって、勝負する事になるのでしょうね、ここにも、日系の旅行会社が3つ程ありますけど、パック旅行の販売がメインになっていますね。それと、こちらと、コロンビアを見ていると、中南米に住んでいる、日本人同士のカップルは、長続きするようですけど、どちらかが、こちらの人になるとなかなか難しい見たいですね。それにしても、このペソ高はなんとかなりませんかね、ドル建て換算した場合、コロンビアの物価は、かなり高くなっていますね、加えて、毎年、政府がインフレ分の賃金upを認めています、このまま、推移したら、何年か後には、中南米一の賃金水準になるかも知れませんね。、でも、ないでしょうね。

投稿: タマリ-ト | 2010年10月24日 (日) 22時53分

こんにちは。ボロホはお勧めです。果肉ペーストだけでしたら安価で手に入ります。現時点で日本への輸出に携わる事は考えていませんが、「スーパーフルーツ」である事は間違いありません。

それにしても、コロンビアのタマルやエンパナーダが相当お好きなのですか?私が一ヶ月程度コロンビアを離れても、コロンビアの食べ物に恋焦がれる事は絶対ないですねぇ。一度ならず二度までも食中毒にかかった事もありますので・・・

私の仕事の受託内容の詳細はこの場ではご案内出来ませんが、日本人の方々だけではなく、当地在住の韓国人も顧客に持っている事は以前この場で投稿した通りです。

ただ、日本からの「パッケージ旅行」の手配受託は、正直な所難しい商売です。一度見積りを出せば半年間はその価格で手配を受けなければならず、昨今のペソ高・ドル安ではペソ換算で計算していると非常にリスクが大きい手配です。それだけはコメントします。


投稿: 管理人 | 2010年10月25日 (月) 05時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マカをしのぐ優れもの!?コロンビアのスーパーフルーツ・ボロホ | トップページ | コロンビアの航空業界再編 »