« モンセラーテの丘・グアダルーペの丘とボゴタ旧市街のホテル | トップページ | 大切な人へコロンビアのエメラルドを »

コロンビアで迎えた10年目の結婚記念日

コロンビアに住み始めて14年、この度「10年目の結婚記念日」を迎える事が出来ました。今まで当ブログやホームページ上で妻を含めた家族の事を公表していませんでしたが、それは意図的なものでした。「結婚して10年」それは私にとり何よりも変え難い、とても喜ばしいものです。この日を非常に意識し、それが故にここ数日ブログを更新しなかった程です。

日本への一時帰国中に妻と共に婚姻届を提出してから10年。その間子供にも恵まれ、家族皆大きな病気をする事もなく、決して贅沢な暮らしではありませんが、家族仲良く過ごしている事。これが私にとり何よりの幸せです。

Firstflight1_2 Firstflight2 この画像は結婚5年目の時のものです。義弟がボーイング767の機長に昇格し、羽田~広島間の初フライトに同乗した時のものです。この時の記憶は未だ鮮明に覚えています。義弟が操縦する飛行機に乗っている・・・とても不思議な気分でした。機体が動き出し、離陸・巡航飛行中の彼のキャプテンアナウンス・着陸の瞬間など今でも思い出します。

Firstflight62_2 この度史上初めて公開します。筆者の私・妻・そして義弟です。当ブログで何度か登場した義弟・それは「家内の弟」です。弟といっても今や社会的地位は全然違いますが coldsweats01 義弟も今年で機長就任から5年が経ちました。私も妻も顔を公表する事に少なからずためらいがありましたが、10年目の結婚記念です。10年間異国の地・コロンビアでお互い助け合って生きてきた「証し」として決意しました。読者の中には、私の文面から推測して50才代と思われた方もいるようですが、いえいえこんな面です。

Img_6700 妻は時に家内とも言いますが、彼女は家にいて子供の世話をしているのと共に、私にとってもかけがえのないパートナーです。そんな妻への感謝の気持ちを込めて、この日は以前から皆さんにご紹介しているヘアーデザイナーの成瀬さんからオイルマッサージとカットを受けてもらいました。決して贅沢は出来ない生活の中で、私のせめてもの気持ちです。

Img_67021_2 家族全員の「集合写真」です。子供達の顔はさすがに公表できませんので、我々夫婦のみです。10年の結婚生活の中で二人の子供に恵まれた事、これも私の幸せの一つです。私も妻も、基本的に派手な事は好きではありません。我が家の生活はとても地味です。しかし私は家族への愛情は絶やした事がないと自信を持って言えます。1個の美味しいパンが手に入れば必ず家族で分け合う、そんなつつましい生活を目標にし、実践しています。

Img_6707 Img_6708 Img_6711 Img_6715 Img_6721 Img_6724 この日の昼食は日本食レストラン和美咲美(WABISABI)さんで頂きました。記念日という事で「メニューにない一品」をお願いした所、画像のような素晴らしい品々をご用意下さいました。魚は煮物・焼き物など多種にわたり、ハマチのカマを焼いたものはプリプリでとても美味でした。ジュースやビール、お茶を合わせたセット料金でしたが、極めて良心的な料金にも驚きました。この場で御礼申し上げます。

Img_6728_2 WABISABIオーナーの浜田氏と共に記念撮影です。お忙しい中、浜田氏にもお付き合い頂きました。画像の掲載についてはご承諾頂いています。WABISABIさん・そして浜田氏は開店当初からのお付き合いですが、彼は今や首都ボゴタにおける寿司職人としては「カリスマ」かもしれません。WABISABIさんには何というか「気」があると思います。

Img_4035 こちらは今年2月に首都ボゴタで開催された「コロンビア旅行博覧会」会場で撮影したものです。こうなったらもう「顔出しまくり」ですね bleah 私は普段ジャケットにノーネクタイ姿ですが、この日は特別にネクタイを着用しました。このような姿は年間を通じても稀です。そんな訳で「記念」という事で掲載します。

今回この場で家族の存在を公表し、顔写真を公表した事に驚きをもった方もいるかもしれませんね。妻からも「なぜ今になって」と聞かれました。妻と共に駆け抜けた10年、そして子供達と迎えたこの記念日は私にとって言葉にし尽くせない特別な日です。「20年目」をどのように迎えるかは分かりませんが、今回の区切りを胸が熱くなる思いで迎えました。

次回の一時帰国の折に実現するか分かりませんが、昨年チーフパーサー(客室乗務員責任者)をしているお嫁さんと結婚された義弟が操縦する飛行機に、お嫁さんも乗務する。そんな機会に家族皆で同乗してみたいものです。

最後に、皆さんにこんなCMを御紹介します。私はリタイヤするにはまだ早い年齢ですが、何となくほのぼのとする映像です。いつの日か、妻にこんな形で感謝の気持ちを伝えられるよう、これからも仕事に邁進していきます。尚、同様の記事を別途管理しているホームページ「未知の国・コロンビアからの便り」←(こちら)でも掲載しました。

 

|

« モンセラーテの丘・グアダルーペの丘とボゴタ旧市街のホテル | トップページ | 大切な人へコロンビアのエメラルドを »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

10周年、おめでとうございます。

素敵な記念日を過ごされたようで何よりです。結婚されてからコロンビアに移住されたのかと思っていましたが、一時帰国中のご結婚だったんですね。
日本人男性とは思えない奥様へのお心遣い、さすが管理人さんですね~。これからも10年、20年とご夫婦の歴史を積み重ねていってください。

それにしてもお子さんたち、随分大きくなられましたね~。その分大人はどんどん年をとってるんですが(笑)

投稿: エスペランサ | 2010年10月 4日 (月) 03時30分

おめでとうございます。

毎回、ブログを楽しみにしているものですが、今日の結婚10周年は少しびっくりしてます。どんな方なのかなと想像をしながら読んでいましたがいきなりツーショットならぬ4ショットで登場!でもなんとなく親しみがわいてきました。

日本より

投稿: | 2010年10月 4日 (月) 14時20分

エスペランサさん、こんにちは。
妻と知り合ってから結婚まではメールでのやり取りが大部分でした。いわゆるミレニアム婚ですが、ジミ婚でもあります。

今回の結婚10周年は特別の思いを持って迎えました。我が家の生活は普段から地味ですが、とにかく文章として残せるものであればこの位の表現をしても当然かと思っています。

次回の20周年の際にも、何らかの形で絶対投稿するつもりでいます。これからの10年でどのような人生を歩むのか分かりませんが、我々家族は流れるままに生きていきます。

投稿: 管理人 | 2010年10月 4日 (月) 21時17分

こんにちは。日本からのメッセージ有難うございます。結婚10周年を機に私と家族の姿を公表するに至りましたが、「記念」という事ではこれで良かったと、自分なりに納得しています。

筆者はどんな人物だろうかと想像していた方も少なくないと思いますが、まあこんな奴です。言えるのは「まだまだ働き盛りの年代」です。

文章が年代に見合うものなのかは自分では分かりませんが、今後もそれなりの年代らしいコメントを続けていきたいと思っています。

投稿: 管理人 | 2010年10月 4日 (月) 21時22分

おめでとうございます☆
素敵な記念日ですね
わたしもいつもどんな方が書いているのだろうと思って読んでいたので、なんか嬉しい気がします。
それにしても奥様お綺麗ですね!
これからもお幸せに!
ブログ楽しみにしています。

投稿: Aya | 2010年10月 4日 (月) 23時39分

こんにちは。☆付きコメント有難うございます☆妻も喜んでいると思います。特に家族の集合写真と日本食レストランでの妻の画像は、オイルマッサージとカットをした後です。

顔を公表しましたが、実年齢に相当する文章になっていますでしょうか。人によっては50歳代と思った方もいらっしゃるようです。

これからも私の顔を想像しながらご覧下さい coldsweats01

投稿: 管理人 | 2010年10月 5日 (火) 03時12分

御結婚10周年、おめでとうございます。
我が家は息子の受験の関係から先月末に妻子が日本に帰国し、私の任期も来春までの予定です。
会社のクリスマスパーティーに合わせて、もう一度ボゴタを訪問したいと思っています。その際はお会いしたいですね。
ではまた。

投稿: K村@カラカス | 2010年10月 5日 (火) 22時22分

こんにちは。メッセージ有難うございます。K村さんは一度お目にかかっていますので、この顔を思い出されたかと思います。

そうですか、来春までですか。是非ともまたお会いしたいものですね。とは言え、K村さんは当地では移動するにもガードが厳しそうですので羽目は外せないかと思いますが。

お子様が受験を控えているという事はそれなりの年齢のようですね。第一志望の学校に合格できると良いですね。

わが夫婦は結婚したのがそれなりの年になってからですので、子供はまだ小さいです。ちなみに凄い偶然ですが我々夫婦は同い年です。

投稿: 管理人 | 2010年10月 6日 (水) 06時54分

こんばんは。おめでとうございます。

てっきり、独り者じゃないかと勝手に思いこんでいました。異国の地で、帰宅してから独りでどうやって気力を快復させてるのかななんて思っていました。僕は南米を一人で、仕事などではなく、旅してるだけでもかなり疲弊してましたから。

僕より一回り上の方だったんですね。

なにはともあれ、先祖供養を続けていれば大難なく過ごしていけるかと思います。(←かなり手前勝手な思いこみ)

投稿: masa | 2010年10月 7日 (木) 00時10分

こんにちは。コメント有難うございます。読者の皆さんの中には、やはり私が独身と思われた方も少なくないかな。以前の投稿で「コロンビア人を配偶者に持った事はない」とコメントしましたので。まさか妻がいて純日本人家族とは思わなかったでしょうね。

ハードな仕事を終えて家に帰ると当たり前のように日本食が食べられる。これだけでも妻の有難さを感じています。海外でこんな生活が出来るのは、何よりも妻のおかげです。間違いありません。

とはいえ、妻との結婚は日本食が食べられるという条件からではありませんでした。これぞまさに運命というか凄い偶然が重なったものです。

私はmasaさんより一回り上の年代ですか。二回りと言われなかっただけ嬉しいです。

先祖供養は毎日欠かしませんよ。伊勢神宮内宮の地を踏んでからは、天照大御神の御札にも毎日手を合わせています。

投稿: 管理人 | 2010年10月 7日 (木) 10時45分

10周年おめでとうございます。
先日メールで航空券について問い合わせをしたものです。紹介してくださった旅行会社にさっそく問い合わせました!

素敵なご家族ですね!本当に憧れます。
私はまだ結婚はしていませんが、常に感謝の気持ちを忘れずに日々過ごしたいです。

いつもブログ楽しみにしています。
これからもいろいろな情報お願いします!


投稿: ななみ | 2010年10月 8日 (金) 07時42分

こんにちは。コメント有難うございます。日本発の航空券でしたらやはり日本の旅行会社の方が良い料金を持っていますので、そちらをお勧めした次第です。何とかなりそうでしょうか。

妻の内助と家族の有難さは、もしかすると日本で忙しい日々を送っていたら気がつかないかもしれません。それは異国の地で日本ではおよそ考えられないような苦労の日々が続いているからこそ、身にしみて感じているのだと思います。

我々夫婦はたまたま日本人同士で結婚しましたので、私は国際結婚について意見を述べる事は出来ませんが、言語や習慣の違いを乗り越えて末永く一緒に暮らしていけるか、基本はお互いの事を思いやる心が一番重要かと思います。

投稿: 管理人 | 2010年10月 8日 (金) 11時09分

管理人さん結婚10周年おめでとうございます。管理人さんには一度(ですみませんが・・)カルタヘナ行きで大変お世話になっております。お元気そうで、しかも日本食を毎回食しているとは思いませんでした!
あれから私も何回かコロンビアを訪れていますが、なかなかご連絡ができません。
奥様も本当に異国の地で幸せに安心して過ごせるのも管理人さんの愛情があるからこそですね。
コロンビアを訪れるたびにここに来ては主に”食べもの”の情報をゲットして滞在を楽しんでいます。これからもちょっと違う情報をよろしくお願いいたします。
これからも応援しています!

投稿: Mako | 2010年10月22日 (金) 15時27分

こんにちは。コメント有難うございます。妻の事はお知らせしていませんでしたか?そうですね、毎夕食は必ず日本食です。昨今では食材も容易に手に入るようになり、便利な世の中になりました。

コロンビアへ足しげく通われているという事は、何らかの商機があるという事ですね。コロンビアへ輸出すれば結構儲かりそうというものは、こちらでもいくつか思い当たります。

このブログで食べ物関係をチェックされているとの事ですが、当方が最近はまっているのが、先日ご案内したスーパーフルーツ「ボロホ」です。これは少量で本当に疲れ知らずになります。日本では既に水面下で出回っていますが、今後このボロホをこちらで大々的にPRするつもりです。

投稿: 管理人 | 2010年10月24日 (日) 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モンセラーテの丘・グアダルーペの丘とボゴタ旧市街のホテル | トップページ | 大切な人へコロンビアのエメラルドを »