« アンティオキア県・メデジン(Turibus編・2) | トップページ | ビジャ・デ・レイバとラキラへのオプショナルツアー »

アンティオキア県・メデジン(メトロ&ロープウェイ)

今日はつかの間の休日・それも半日・・・明日日曜日にはガイドの仕事があり、来週は来訪される方のラッシュです。ブログ記事を書いている場合ではないのですが・・・

Img_6368 コロンビア国内ではこのメデジン市だけにある"大量輸送機関"、それがこの"Metro"と呼ばれている鉄道です。名前はメトロですが、実際には地上及び高架上を走っています。日本ではごく普通の鉄道機関ですが、何しろコロンビア国内ではここメデジンしかないもので、人口700万超の首都ボゴタでさえも未だにありません。故にメデジン市民はこのメトロを長年自慢しています。

Img_6371 Img_6383 改札前には券売所があります。日本のような自動券売機はありません。2010年8月現在、乗車券はどこまで行っても1,550ペソ(およそ80円)です。運行コストはこのメトロの方が首都ボゴタで運行されている二連式バス"トランスミレニオ"よりも高い筈ですが、料金はトランスミレニオの1,600ペソよりも安いというのが実に不思議です。

Img_6441 Img_6294 このメトロはメデジン市内を縦走する為、車窓からは実に様々な景色が見られます。先日ご案内しました市内中心部の「ボテロ広場」やNutibaraの丘、工業地帯から右画像に見られる悪臭漂うドブ川沿いまでひしめき合うスラム地区など様々です。

この「メトロ乗車記」につきしては、いずれ別に管理しているホームページ「未知の国・コロンビアからの便り」の方で詳しく紹介します。

Img_6296 Img_6365 Img_6304 そして今回のメデジン訪問の「目玉」の一つ、それがこの"Metrocable"と呼ばれている「ロープウェイ」です。2010年8月現在このMetrocableは三路線あり、一つはメトロ・Acevedo駅で連絡しています。驚いた事に、メトロとロープウェイ、この二つは「同一事業」として運行している為、二つの乗り継ぎが何と「無料」です。日本であればこの種の形態は「別事業」として別々に料金を取る筈です。

Metrocalbeの乗り場は、まるで「スキー場のゴンドラ乗り場」そっくりですね。本当にそう思いました。

Img_6312 このロープウェイは斜面を不法に占拠して建てられた、いわば「スラム地区」とメトロ駅を結ぶ"公共交通機関"です。画像をご覧下さい。いかにも危険そうなスラム地区ですが、実際この一地帯はそれまで長年メデジン市内でも「最危険地区」でした。現在は下火になっていますが、殺人その他まだまだ何でもありの地区です。しかし我々観光客はこのロープウェイに乗っている限り安全です。

Img_6318 それにしてもこの絶景、画像をクリックしてみて下さい。眼下にあるのがスラム地区という事を除けば、見える景色はまさに「絶景」です。普段からそうだと思いますが、この日は休日という事もあって明らかに外国人観光客と分かるグループを含め、多くの人々がデジカメを片手に乗り込んでいました。

Img_6325 途中二つの「駅」を通過した後に到着するのが、画像のSanto Domingo駅です。ここでロープウェイを乗り換えると山の向こう側まで行き、そこには自然公園があります。私はそこまで行かずにここで引き返しました。

それにしてもこのメトロ&ロープウェイという大量輸送機関には驚愕しました。人口220万人のメデジン市が、700万人の首都ボゴタをしのぐ公共交通網を発達させている事に驚きました。下記に動画を添付します。

|

« アンティオキア県・メデジン(Turibus編・2) | トップページ | ビジャ・デ・レイバとラキラへのオプショナルツアー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント


ボゴタで、マンションを賃貸していたのですが、運悪く、たちの悪い不動産屋と契約していのが、マンションの契約解除の際に判明しました。
このHome pageは、いろいろな方が訪れているかと思いますが、出来ましたら、注意喚起と言う事で、この件を紹介して頂けませんでしょうか。


マンションは、北部地区の築5年程の12階建ての11階にあります。
入居して、1年程で、解約しました。
解約を伝えた際に、不動産屋より、マンションを立ち去る以前に、物件の状況を確認したいとの連絡がありました。
特に、当方は問題ないので、OKし、当日、物件を見せましたところ、各部屋のカ-ペットが汚い、(家では、スリッパ使用)、壁が汚い、
加えて、Sala / Comedor(マデラ仕様)は、キズがあると、文句をつけてきました。
ひどいのは、マンションの鍵を受け取った際に、台所は汚く、トイレは、escapeがありました。
このような問題点は、うやむやにしながら、逆に、マンション返還の際に、とんでもない事を言い出してきました。

1年賃貸すれば、カ-ペットや、壁が多少汚れるのは、当たり前の事かと思います。

今までの、他国の経験で言えば、通常、大家が、メンテナンスとして、賃り主が変わる際に、大家の負担で、修繕するのが普通かと思いますが、
その修繕費用を、当方に押し付けてきました、尚、カ-ペット清掃、当社の方で、業者に委託も出来るが、昨年の依頼した際には、110,000ペソ掛かったとの事。
別途、当方で、電話帳で調べて業者に確認した所、60,000ペソて゜した。

又、恐らく、新築の際に撮ったと思われる床(マデラ)の写真を見せて、現在の床は傷んでいる、前面張り替える必要があると言い出してきました。
ご存知の通り、マデラの床は、ものすごく高くつきます、無論、証拠として見せ付けた写真には、当方のサインもなく、でっちあげです。

最終的には、知り合いの方に、この件の解決に依頼し、事なきをえましたが、
今後、別の方がこのような災害にあうかもしれません、ボコダで、住居をお探しの方、下記の不動産屋さんとは、絶対に契約を交わさないようにお勧め致します。
特に、担当者(女性)の話方は、節度を越して、あきれてしまいました。(賃貸する際には、丁寧だったのですけども)。

Inmobiliaria Juan Santamaria
Cra 15, No. 92-36 Oficina 102
Tel : 57-1-2186872

担当 Idalith Moreno

投稿: タマリ-ト | 2010年9月 7日 (火) 04時18分

 MedellinのMetroとMetrocableに乗って来ました。休日だったので、Metrocableは殆どMedellin住民と思われる観光客で超満員。新井さん紹介の路線は日曜の昼前にAcevedo駅行ったところ、長蛇の列で約1時間待ちでした。地元の利用者は別の列で優先乗車、Metroが着く度にそちらばかり乗せるので、観光客の列は伸びるばかり。Parque Arviに遊びに行くひとはこの待ち時間を考慮に入れる必要があるでしょう。しかも、Arvi線"Línea L"は輸送量が少ないらしく、そちらの行列を長くしないためかAcevedo駅から度々空車を出すのです。
 新井さんが紹介していない路線"Línea J"にも乗りましたが、こちらは乗り継ぎがないので、殆どのMedellin人観光客は終点でも降りずにそのまま戻って行きます。これは、Medellin人にとってとても安い観光旅行なのでしょう。我々はArviまでは行かなかったのですが、きっとそこでも降りないひとが多いのではないでしょうか。

投稿: たこさん | 2011年7月12日 (火) 23時56分

実は以前メトロにも自販機があったんですよ。

http://blog.livedoor.jp/tadahide69/archives/65086377.html
17秒~19秒くらいのところに出てくる。
2本の銀色の棒のようなものがそうです。


でも、このときはすでに壊れていました。

現在、新しい自販機が手穴近くにあります。

投稿: 船橋のドラえもん | 2013年1月 8日 (火) 06時31分

こんにちは。IPアドレスから察するに、現在コロンビア来訪中なのでしょうか。

観光地としてのメデジンは、僕が思うに近隣の観光地と合わせると首都ボゴタよりも評価が高いと思います。

メトロやゴンドラでの市内の移動・観光手段や市内各地にある観光スポット、水族館や植物園など、多くの点でボゴタ以上です。

自動券売機の情報有難うございます。この投稿からかれこれ二年以上も経過しているのですね。そろそろまた視察でメデジンを訪れないと。

投稿: 管理人 | 2013年1月 8日 (火) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アンティオキア県・メデジン(Turibus編・2) | トップページ | ビジャ・デ・レイバとラキラへのオプショナルツアー »