« まだ来ない夏とメデジン出張 | トップページ | アンティオキア県・メデジン(Nutibaraの丘) »

アンティオキア県メデジン市に出張しました

首都ボゴタの北西に位置する中核都市、アンティオキア県メデジン市への一泊二日の出張を終えて無事戻りました。メデジン訪問はかなり久しぶりでしたが、総括から先に申し上げますとメデジンは「素晴らしい観光地」に変貌しました。この10年で市内の様相が随分と変わり、驚くばかりでした。

Img_6008 Img_5951 今回の旅で是非とも体験し、この目で確かめてみたかったものがいくつかありました。最初がこの"Turibus"と呼ばれている定期市内観光バスです。およそ4時間をかけてメデジン市内の要所を巡るこの観光バスは、実に中身の濃い素晴らしいものでした。首都ボゴタでも大々的には運行されていないこの定期観光バス、メデジン市が企画・運営しているものですが、その素晴らしさは予想以上のものでした。

Img_6368 Img_6336 首都ボゴタになくてメデジン市にあるもの、それがこの画像の「メトロ」と、右画像に見られる「Metro Cable(メトロケーブル)」の組み合わせです。ボゴタには市内を結ぶ大量輸送機関である鉄道が未だなく、この一部高架式の鉄道はコロンビア国内で唯一、メデジン市で運営されているものです。加えて近年、このメトロ駅からの乗り継ぎ扱いで右画像のロープウェイ式の輸送機関が開設されました。こちらも首都ボゴタにはないものです。このロープウェイも是非とも体験乗車してみたかったものです。

Img_6425 Img_6417 Img_6398 そしてこちらが「南米大陸で最大規模」とされる"水族館"内部の様子です。アマゾン川にその他に生息する淡水魚の数々、そしてカリブ海その他の海に生息する魚など、内部の充実ぶりは素晴らしいものでした。この水族館も今回のメデジン市訪問時の重要なポイントにしていました。見学出来てとても満足でした。

今回のメデジン市訪問では、2日間で撮影した画像が何と"635枚"そして動画が"5本"にもなりました。これらの膨大なデータを今後コンパクトにまとめて皆さんにご紹介する予定です。今まで待ち焦がれていたメデジン市訪問の「成果」を一挙公開します。お楽しみに。

|

« まだ来ない夏とメデジン出張 | トップページ | アンティオキア県・メデジン(Nutibaraの丘) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まだ来ない夏とメデジン出張 | トップページ | アンティオキア県・メデジン(Nutibaraの丘) »