« ボゴタ北部の食材市場と美味しいパスタの話し | トップページ | ボヤカ県ビジャ・デ・レイバとラキラへの旅-3- »

ボヤカ県ビジャ・デ・レイバとラキラへの旅-2-

このシリーズ続きです。

20100516_img_0020 20100516_img_0018 20100516_img_0019 セラミック製品の生産で有名なラキラ村は、まさに観光客向けです。村のあちこちに特産の素焼きのセラミック製品が並んでいます。村の中心部にある広場に置かれたユニークな作品も勿論セラミック製です。ラキラ村は主要街道から枝葉の如く外れた一角にある「ミニ桃源郷」のような所です。なんとものどかな場所で、それでありながら観光客を引き付ける要素を持っています。

20100516_img_0039 20100516_img_0033 20100516_img_0026_2 こちらはホームページに掲載しなかった画像です。左が"Museo(博物館)の看板です。何の博物館かは聞き忘れました。中画像は民芸品店内です。多くの小物が飾られています。いずれも勿論セラミック製です。そして右画像がピンクの壁で飾られたラキラ村役場です。

ラキラ村も首都ボゴタから日帰りで行ける観光地としてはお勧めの場所です。早朝に首都ボゴタを発ち、ビジャ・デ・レイバ村と合わせて一時を過ごせば、コロンビアという国に対するまた違った印象を得られる事でしょう。

|

« ボゴタ北部の食材市場と美味しいパスタの話し | トップページ | ボヤカ県ビジャ・デ・レイバとラキラへの旅-3- »

旅行・地域」カテゴリの記事