« ネモコン村と岩塩坑道 | トップページ | ボゴタ~シパキラ・鉄道の旅-1- »

コロンビアにおける"旅行会社"の定義

今月は日本からのお客様の来訪が重なり、アテンドの仕事が続いています。それとは別に、先日の「コロンビア旅行博覧会」でお目にかかった日本政府観光局(JNTO)様から頂いたスペイン語の「日本観光ガイドブック」を元に、コロンビア人観光客への「JRパス」の販売が好調です。「2010年までに訪日外国人旅行者数1000万人を実現」というJNTOが掲げたビジットジャパンイヤー2010キャンペーンへの、ほんの僅かな微々たるお手伝いと言った所でしょうか。

そんな事で、コロンビアにおける「旅行会社」の定義というものを、当社「ANDES TOURS」の事例を元に一度ご案内しておこうと思います。

Img_42881_2 こちらはコロンビア商工観光省が国内において「観光」に携わる業者に発行する「事業登録証」です。当社は「旅行会社」のカテゴリーです。これは旅行業・ホテル・観光バス事業者など「観光」に従事する業者への認定証です。この登録証は毎年更新が義務付けられており、現時点で有効な登録証を持たない業者は観光業事業者を名乗る事は出来ません。

Img_43041 前述の事業登録証とは別に、例えばホテル業であれば"COTELCO"(Asociacion Hotelera de Colombia・コロンビアホテル業協会)という「業界団体」があり、旅行会社ですと"ANATO"(Asociacion Colombiana de Agencia de Viajes y Turismo・コロンビア旅行業協会)という団体があります。日本で言えば"JATA"(日本旅行業協会)のようなものです。当社はこのANATOの「正会員」です。登録証というものがないのですが、正会員リストは→こちら の"ASOCIADOS"から検索する事が出来ます。

航空券や旅行手配をされる際には、その会社がANATOに加盟しているか否かが一つの判断となり得ます。

ANATOに加盟しているのは「自社で航空券を発券し、お客様に販売している」「自社で旅行商品(ホテル・レンタカー・旅行保険や現地観光など)をお客様に販売している」という「旅行会社」と、自社でチケットは発券せず旅行会社へ世界各地域のホテルや観光などの地上手配部分を販売する「ランドオペレーター」の二つの業種に関わる会社が会員に名を連ねています。ANATOへ加入するには、旅行会社としての事業規模や事業内容が加入基準を満たしている事が条件です。

Img_42871 そしてこちらがANATOの「上部団体」であり、世界中の主要航空会社・旅行会社が加入している"IATA"(International Air Transport Association・国際航空運送協会)への登録証です。近年では格安運賃で運航している"LCC"と呼ばれる航空会社などは未加入ですが、世界最大の「航空運送業界団体」です。

IATAへ加入し、相当な額(secret)の預託金を収める事で、航空券の「自社発券」が許可されます。自社発券のライセンスを得る為には、予約システムのリース代金などの他に発券する航空会社へも保証金を納める必要があります。自社発券のライセンスを維持し続けるのは大変で、その為にライセンスを返上する会社もあります。

コロンビア国内でインターネット以外の方法により航空券を購入される際は、購入者となる方は券面額に応じて一定の「発券手数料」を発券旅行会社又は航空会社へお支払いされる事が国内法によって義務付けられています。当社は自社発券旅行会社ですので、お客様から直接手数料をお預かりする事になります。

それがIATA非加盟で自社では発券できない会社は、IATA代理店・若しくは航空会社に手数料を払って「仕入れ」更に手数料を上乗せしてお客様へ販売しなければ、儲け分がどこからも得られません。自社発券できない会社さんは商売上厳しいと思います。

というのがコロンビアにおける「旅行会社」の定義です。商工観光省に登録し、ANATO、IATAに加盟している旅行会社は国内に相当数あります。その中で、ボゴタのANDES TOURSはコロンビア国内のIATA, ANATO加盟社では「唯一、日本人が常勤する公認旅行会社」です。

|

« ネモコン村と岩塩坑道 | トップページ | ボゴタ~シパキラ・鉄道の旅-1- »

旅行・地域」カテゴリの記事