« ボゴタ~シパキラ・鉄道の旅-1- | トップページ | ボゴタ~シパキラ・鉄道の旅-3- »

ボゴタ~シパキラ・鉄道の旅-2-

Img_4395 Img_4396La Caroの駅を過ぎると車窓には田園風景が広がります。ここまでくるとアパートや家々の姿は少なくなり・・・と思いきや、途中で見えたのが「一戸建て住宅地区」でした。ここ数年の経済好況でいわゆる「土地バブル」の波がこんな所にも押し寄せています。首都区内ではもはや「土地」というものが殆どなくなってしまった為、郊外にある原野や田園を潰して一戸建て住宅の建設する動きが加速しています。

首都中心部までは車がないととても移動できないこんな場所でも、一戸建てが日本円でおよそ1,500万円からそれ以上と、もはや「日本並み?」にまで価格が吊り上がっています。

Img_4393 Img_4399 途中にはバブル経済の象徴が見えたりしますが、まだまだのどかな風景は健在です。のろのろと走る列車に揺られながら、ボゴタ大高原の風景を満喫する。これがこのツアーの楽しみの一つです。専用車でパーっと通り過ぎるのは時間の短縮ですが、高速化の時代に逆行する見事なほどの遅さ。旅気分を満喫できます。途中には巨大なビニールハウス群も見られます。ここではバラやカーネーションその他の切花が生産されています。

Img_4404 Img_4410 Img_4412 ウサケン駅を発って2時間後、列車はついに「シパキラ(Zipaquira)」の駅に到着しました。車でしたらこの間およそ1時間弱の距離です。それを倍の時間をかけたのですから、これはまさに「長旅」でした。

先頭のディーゼル車は片側にしか運転席がない為、ここで一旦切り離してその先にある枝線を弧を描くように一周し、客車の隣の線路をまたいだ後に反対側へ接続されます。

Img_4409 Img_4407 シパキラ駅前の様子です。観光列車は週末及び祝日に1便しか運行しないので、のどかなものです。そしてシパキラ駅からは以前ご紹介した「ネモコン」及びこの町の郊外にある「岩塩坑道」へのツアーバスが運行されます。これは予め列車内で有料で参加者を募ります。料金には駅からそれぞれの場所、そして後ほどご紹介する「カヒカ(Cajica)」までの専用バス移動料金が含まれています。

私が同行する観光列車ツアーですが、列車での移動はこのシパキラにて終了です。専用車を予めボゴタから先回りしてこの駅に待機させ、ここからは車での移動となります。また、料金を安く抑える場合には戻りを「路線バス」にする事も可能です。つまり「片道・鉄道乗車体験ツアー」です。実際に乗車すると分かりますが、片道だけで2時間揺られ続け、それにレールの歪みによる「横揺れ」が加わりますので、ボゴタ郊外への鉄道の旅は片道だけで十分です。お客様もそれで十分満足されていました。

Img_4415 Img_4418 Img_4419 シパキラは昔ながらの町並みが残る所です。中心部には1805年に基礎を作ってから111年もの歳月をかけて完成したカテドラルがあり、中心部にはいつも多くの人々が集います。

今回はその数日前にネモコンの岩塩坑道ツアーを行った為、シパキラでは町の散策のみ行いました。勿論手配次第でシパキラの岩塩坑道に変更する事も可能です。

Img_4422 Img_4428 Img_4427 シパキラの町の外れには何軒かの焼肉レストラン(Asadero)があります。店の前では串に刺さった肉の塊を炭火であぶっています。一見すると旨そうに見えます。店員が試食の為に一切れ切ってくれて、それを味見して納得すれば入店です。それぞれの肉には下味が付けてあります。

しかしこれらの肉、元々脂身が少なくてパサパサしているのですが、それをかなり長い時間かけて焼く為、脂分だけではなく"水分"まで飛んでしまっているかの如き、すごい硬さです。それは「肉を味わう」というよりも「歯を食いしばって"噛みしめる"」という表現がピッタリです。そして右は"Gallina"という「地鶏」です。

以前、お客様のたってのご要望で「カピバラ肉」レストランへご案内した事があります。その時もそうでしたが、この野外での焼肉レストランも日本から直接来訪された方々には正直評価が高くありません。日本でここまで硬い肉を食べる機会は絶対にない筈です。特に若い女性・御年配には・・・それでもこの店に到着した時点で時刻はちょうど「正午」

観光手配を何度か繰り返している間に分かったのは、ここにもう何年も住んでこの地の味に「慣れてしまった」私と、初めて来て味わうお客様方との間に「味覚の違い」が生じている事でした。私が「これ、なかなかいけますよ」とお勧めしたものが不評だった事も。それで悟りました「原点に帰ろう」と。そんな訳で、シパキラ郊外での焼肉風の昼食には「ある物」を別に用意する事にしました。店側にとっては「反則行為」かもしれませんが・・・それは参加された方だけのお楽しみという事で。「鉄道の旅」は更に続きます。

|

« ボゴタ~シパキラ・鉄道の旅-1- | トップページ | ボゴタ~シパキラ・鉄道の旅-3- »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボゴタ~シパキラ・鉄道の旅-1- | トップページ | ボゴタ~シパキラ・鉄道の旅-3- »