« クンディナマルカ県ネモコン(Nemocon)村への旅-2- | トップページ | 駆け抜けた2009年を振り返る »

雑感20091224

今日はクリスマスイブです。アパートの中は閑散としており、逆に商店街ではプレゼントを買い求める人達でごった返していました。年末ムードがプンプンしています。そんな中、私はお陰様で未だに忙しい日々を過ごしています。時にはあまりの忙しさに昼食を取る時間すらないほどです。不景気のご時世に忙しくて大変というのは本当に有難い事だと思っています。

そんな中、先日久しぶりに「寿司」を食べに行きました。日本でしたら安い回転寿司などで口にする機会はいくらでもありますね。当地ボゴタでも昨今SUSHI BARの出店が急速に増えてきています。それでもやはり当地で寿司は気軽に食べられる代物ではありません。

私の「ボゴタでの"寿司感"」は以前この場で公言した通りです。働いて、働いて、お金を貯めてやっと自分への褒美に腹一杯食べる、それが故にここで寿司を口にするのは数ヶ月に一度です。そして寿司はちらし寿司でも巻き寿司でもなく、「握り」に限ります。職人さんが握る寿司のシャリの中には「小宇宙」があるような気がします。握り寿司には職人さんの気持ちが特に入りますので、私は握り寿司が好きです。

Img_3396 Img_3400_2 そんな寿司を握ってもらうのは、特定の店の特定の方に限っています。私が何故この方に限っているのかと言えば、それは握られた寿司に"良い気"が入っている、それが理由でしょうか。勿論、私の錯覚かもしれません。ご本人も「まさかぁ」と言っていましたが。

画像の「有機味噌」と「大根」は、その方から頂いたものです。私は常々この方にお会いすると「叶わないなぁ」と思います。今や確固たる地位を築かれ、いつ行っても店は客で溢れている・・・羨ましい限りです。しかも、誰に聞いても御本人を悪く言う人はいない。このブログや普段の言動で時に毒舌を吐き、敵の多い私とはまるで異なります。

御本人・若しくはお店に「良い運気」が付いているのかも知れません。その事を御本人に直接ぶつけました「○○さんには良い気があるのかもしれません。失礼ながら、あの立地条件では普通儲かりません。それが何故あそくまで繁盛しているのか不思議です」本当に失礼な事を言ってしまったかもしれません。この方が別の場所で店を開店させた当初は客の入りがポツポツでした。それがあれよあれよと言う間に「行列が出来る店」となり、今や有名人です。きっと良い運気が付いたに違いありません。

Img_3395 そんな寿司ですが、この日は腹一杯食べようと心に決めて入ったものの、その後に仕事が目一杯立て込んでいた為、ほどほどにしました。しかし握られた寿司の一つ一つを噛みしめたのは言うまでもありません。数ヶ月ぶりに寿司を食べるとそんなものです。そして頂いた大根は、おでんの具になりました。

年末ももうすぐです。今年はあまりの忙しさに、ついに休暇というものを一日も取らないまま年を越そうとしています。これではさすがに、本当に身が持たなくなるので、年明け早々の1月中旬に日本へ里帰りする事にしました。次回あの方の握った寿司を食べるのは、また必死に働いた後に、札束を握り締めて(大げさか)数ヵ月後となる事でしょう。

|

« クンディナマルカ県ネモコン(Nemocon)村への旅-2- | トップページ | 駆け抜けた2009年を振り返る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クンディナマルカ県ネモコン(Nemocon)村への旅-2- | トップページ | 駆け抜けた2009年を振り返る »