« 保存版(?) 南米コロンビアの航空会社と使用機材 | トップページ | シモンボリーバル公園(Parque Simon Bolivar) »

首都ボゴタの夜景

日本から来訪された個人観光客のガイドとして、標高3,100mの"モンセラーテの「丘」"に"登頂"しました。下界のボゴタの街との標高差は600m程度ですが、海抜3,100mともなると毎回登っても息切れがします。coldsweats01 くぉらーっ!どこのどいつだ pout 「年のせいだ」なんて言ってるヤツは!

Img_2585 モンセラーテの丘へは10年以上の職務の中で何十回か行っていますが、恥ずかしながら「初めて」夕暮れ時に登りました。これはお客様からの強いご希望によるもので、今回の夕暮れ時の登頂は私にとっても良い経験になりました。見て下さい!この素晴らしい夕暮れ時の大都会・ボゴタの街並み!

Img_2583 これらの光景は全て首都ボゴタの中心部・セントロから南、そして西側の一部の光景です。広大なボゴタ大高原はこの展望スポットからその全容を見る事は出来ません。これでも半分程度です。太陽が落ちる頃に合わせて時間調整をした上で、モンセラーテの丘へ向かいました。ちなみに頂上へ向かう手段は「ケーブルカー」と「ロープウェイ」の二つがあり、このうちロープウェイは保守点検中だった為往復ともにケーブルカーを利用しました。

私自身今まで全く気が付きませんでしたが、前述の二つの輸送機関を利用する際には月曜日から土曜日までは毎日夕方5:30以降の利用について「夜間割増料金」が適用されます。私の推測では「モンセラーテの丘の夕方は人が少なくて寂しいだろうな」思っていましたが、とんでもない!平日の夕方だったにもかかわらず、それなりに人の姿がありました。皆が皆、この夕暮れ時から夜にかけての素晴らしい風景を目当てに来たのでしょう。

Img_2597 Img_2598 陽が落ち切って闇に包まれる寸前のこの風景が「最高」の場面だと思いました。お客様には失礼をお詫びして私も無我夢中になって何十枚という画像を撮影しました。夜景の撮影はかなり難しく、ちょっとの手元のブレにより上手い具合に記録されたのは数十枚のうち、たった数枚だけでした。カメラのプレビューでは全く判別出来ませんでしたが、いざPCに落としてみると意外とブレが激しく、それを予測してかなりの枚数を撮影したつもりでしたが、画像のブレは予想以上のものでした。

Img_2590 こちらはライトアップされたモンセラーテの丘の頂上付近にある教会と、ロープウェイの頂上駅の様子です。何十回とみた午前中の光景とは全く異なる、素晴らしい一コマです。撮影したこの場所の後ろには「Casa San Isidro」という昔の家屋を改造した内装が素晴らしいレストランがあります。更に素晴らしいのは内装だけではなく、ここから見る"下界"の夜景はそれはもう「超最高」この一言に尽きます。ここのディナーは最高の思い出となる事でしょう。

御客様にもお伝えしましたが、7月・8月のボゴタは乾期にあたり、強い風と共に排気ガスが飛ばされる為か、下界の風景がより素晴らしく映えます。100km近い遠くの山々まではっきりと望む事が出来る「最高の季節」が今まさにこの時期なのです。せっかくの夜景観賞も、下界が厚い雲や雨に遮られてしまっても、それは天候を恨む事は決して出来ません。その一方で今回来訪されたお客様はこの素晴らしい夜景にとても感動されたようです。私も感動しました。これでまた一つ、私の宝物・コレクションが増えました。コロンビアの観光名所の一つとして皆さんにこの首都ボゴタの素晴らしい夜景をご紹介します。当地コロンビアの旅行業関係者の一人として、もっと多くの方がこの国を訪れる事を願っています。

|

« 保存版(?) 南米コロンビアの航空会社と使用機材 | トップページ | シモンボリーバル公園(Parque Simon Bolivar) »

旅行・地域」カテゴリの記事