« コロンビアでの新型インフルエンザ感染に関して | トップページ | "メデジン特集"の為、出張します »

"南米コロンビア旅行"新商品企画セミナーのご案内

日本側の取引先の方から"JATA(日本旅行業協会)"主催の新商品企画セミナー「カリブ・アンデス・アマゾン良い所どりコロンビア」の案内が届きました。下記サイトをご覧下さい。

http://www.jata-net.or.jp/20million/090511_disc60thcolombia.htm ←こちら

南米大陸最後の「秘境」とされているコロンビアへの旅行を"商品"として検討されている旅行会社さん、是非ともご参加下さい。講師は先日当地へ視察の旅をされたFAM TRIPグループのお一人です。

それにしても、先年まででしたらこのような趣旨のセミナーは「タブー」とされていた筈です。それは何よりコロンビア国内の治安問題に加えて「渡航自粛勧告」が発せられていた事にもよります。事実、旅行でもないスポーツの国際大会でさえ当地への参加に際して「都合」により断念させられた団体がいくつもありました。それが今や大手を振って当地への観光を商品として勧められるようになったのは、まさに「奇跡」です。

講師の方から「コロンビアの新型インフルエンザの状況は?」との問い合わせを受けましたが、先日ご案内の通り今後の事は判らず、私の口から「問題ありません」とは言えませんが、少なくとも現時点では「国内二次感染」の事例は報告されていません。

私もこれからまたコツコツとコロンビア国内の見所を個人的に紹介し続けたいと思っています。

|

« コロンビアでの新型インフルエンザ感染に関して | トップページ | "メデジン特集"の為、出張します »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

嬉しい、の一言です。
自分にとって第二の故郷コロンビアが、「危険地帯」から「観光の国」へ変わるとは感激。
私がククタに暮らしていた当時、妹が当地を訪ねようとビザを申請した際、「コロンビア?とんでもない。危ないよ、渡航禁止!」と言われそう。
とにかく良かったです~

投稿: Repu | 2009年5月20日 (水) 21時03分

Repuさん、こんにちは。今まで気付きませんでした。メールアドレスを見ると、かつて本を出版された方ですね。
私がこの地で旅行業に従事するにあたって霞ヶ関の「某所」に出向いた際、応対された方から「"我々が生きている間"に渡航情報が引き下げられる事は有り得ないでしょう」と、はっきり・きっぱりと断言されてから10年の歳月を経て、観光地として堂々と宣伝できるようになったのは感慨深いです。当時はその判断が当たり前の状況だったので担当の方のご意見はごもっともでした。
しかも、日本における業界団体の総元締めである"JATA"がこの手のセミナーを企画されるとは不思議な感じです。
もう「時効」だと思いますが、実は数年前に何回か「コロンビアツアー」を日本の某旅行会社さんと組んで行った事があります。当時社長さんと2人で「お叱りの連絡が入らなければ良いね」などと話しをしていたのを思い出します。

投稿: 管理人 | 2009年5月20日 (水) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロンビアでの新型インフルエンザ感染に関して | トップページ | "メデジン特集"の為、出張します »