« コロンビア政府公認のコカ製品"コカ茶" | トップページ | 幻?の南米コロンビアワイン »

年末商戦

早いものですね。もう年末・12月です。今年は年始から"暇"というものが殆どなく、毎日仕事に明け暮れていたような気がします。世界的には不況の大嵐が吹き荒れている中、有り難い事です。首都ボゴタの街を歩くと年末商戦真っ只中です。この雰囲気は不況の中でも毎年恒例のものですね。そんな中、日本の取引先からの手配依頼や当地での対日本人向けチケット販売等はここへ来て「終戦」ムードです。大晦日へ向けて一段落といった感じです。

20081207_img_0981

日本ではこれから「忘年会」シーズンとなるでしょうが、当地コロンビアでもやはり年末にはこの種のパーティーのようなものが職場などで行われます。そんな事でこの時期にはあちこちから「パーティーの際に行われる"福引"の賞品を提供して欲しい」との依頼が入ります。福引を当地では"Rifa"と言います。このRifaの提供依頼が来るようになると「ああ、年末なんだな」と感じます。

前述の話は私が直接の担当ではありませんが、コロンビアの会社はRifaについて「取引の対価」としてしっかりと要求するようです。私の元には全くと言ってよい程その種の依頼は入りませんが、今年は1ヵ所だけ提供する事にしました。それもここ数年依頼が途切れた為、こちらから頭を下げて提供するのも馬鹿げているのでそのままにしていたのですが。そんな事でRifaの賞品は「日本の商品券」です。"ANA"で調達したので航空券や機内販売でも使えますが、本来は"JCB"の商品券なので全国50万軒以上の有名デパート・レストラン・ブティックや書店などのJCB加盟店で使えるようです。"旅行会社だから航空券"というのは単純な発想なので"日本の商品券"です。有効期限がないので使い勝手も良い(*私の勝手な都合及び見解)ですし。当たった方は"日本"でご利用下さい。

他方、私の顧客で最近「気が抜けない」のが当地在住の韓国人の方々です。それも名の知れた大企業の方々とは縁はなく、殆どが中国から洋服や部品などの商品を仕入れて当地で売りさばいている個人企業や商店主の方々です。事業規模は決して大きくないのですが、一人一人が年に5~6回もコロンビアから中国や韓国へ仕入の為に行くのですから、航空会社のマイレージプログラム最上位の「プラチナ会員」になっている人がゴロゴロいます。今はその韓国人の方々への「年末商戦」真っ只中です。彼らにとって1月1日・新暦の正月はあまり関係なさそうで、暮れの30日や元日に「仕入出張」に行くのですから驚きです。中国や韓国では「旧正月」(2009年は1月26日)が重要なようで、旧正月休み前に仕入れておこうという事なのでしょう。ちなみに「今年」は元日明けの"2日"に携帯が鳴って「一体誰?」と思ったら韓国人の方々からで「チケット!チケット!」の大合唱にたまげました。

20081207_img_0983 旧市街(セントロ)に韓国人の方々が集中して店を開いているショッピングセンターがある事は以前ご紹介しました。たまたま昼時にチケットを持って行ったのですが、"やはり"キムチの匂いが「充満」していました。彼らはもしかするとキムチがないと死んでしまうのではないでしょうか。ちなみに"仕入出張"は「おかみさん連」が担当のようですが、「ちょっと、お茶飲んでいきなさいよ」「これ食べていきなさいよ」という気さくな応対にはとても感動します。日本では有り得なさそうな「庶民的茶飲み営業」ですね。

勿論、チケットの話は真剣ですが、「俺は◇◇◇の○○だ」と威張り腐っているヤツよりも"この人の為に努力しよう"という気が沸いて来ます。ちなみに画像は韓国人に敬意を表して某所で購入した「イカのキムチ」です。やはり"激辛・辛ムーチョ"でした。隣は日本から来訪された方から頂いた焼酎です。私は焼酎と言えば"福岡"の胡麻焼酎「紅乙女」が好きですが、薩摩の芋焼酎も美味しいですね。キムチ程の激辛ものにはどっしりとした焼酎が合います。ちなみに私は焼酎は「ストレート」で飲みます。

|

« コロンビア政府公認のコカ製品"コカ茶" | トップページ | 幻?の南米コロンビアワイン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロンビア政府公認のコカ製品"コカ茶" | トップページ | 幻?の南米コロンビアワイン »