« ボゴタのアメ横 | トップページ | コロンビア国立コーヒー公園 »

アルメニア・コロンビアコーヒーの故郷

Parquecafe040901 日帰り出張でキンディオ県・アルメニア市と郊外を訪問しました。ここは標高およそ1,500m、コロンビアが世界に誇るコーヒー豆の一大生産地の一つです。また、輸出もしているバナナ(生食用)やプラタノ(調理用バナナ)などの大生産地でもあります。

左の画像をクリックしてみて下さい。何と言う素晴らしい光景ではないでしょうか。詳しくは私が管理している別のホームページ"未知の国・コロンビアからの便り"にてご案内したいと思います。この画像はコロンビア国立コーヒー生産者連合会(FNC)が管理している大きな公園の一角です。

Parquecafe040902 こちらはコーヒーの木に実っている「コーヒーチェリー」です。日本ではまずお目にかかることのない光景でしょうね。コロンビアコーヒーは酸味の強い「アラビカ種」で、その中でも"ティピカ""カトゥーラ""バリエダ(バラエティ)コロンビア"といった苗木の種類があります"古くはティピカ、そして交配を重ねたのが後述の二種です。

それにしても、このアルメニアへ出張する度に強く感じるのですが、ここはちょうど良い気候帯で美人が多い所でも知られています。コーヒー地帯は全般的にそのような条件が多いのですが、ここアルメニアでは時折ハッと驚くような金髪・青い目の女性を見かける機会が多い所です。首都ボゴタでは先住民族・チブチャ等の系統からか、女性は黒髪・黒い目という方が多いのですが、ここアルメニアの女性はヨーロッパ系の顔立ちをしているのが不思議です。勿論全ての女性ではありませんが、首都ではこのような「完全なヨーロッパ系の顔立ちの女性」を見かける機会は意外と少ないのです。男性はごく普通の顔立ちなのですが

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

|

« ボゴタのアメ横 | トップページ | コロンビア国立コーヒー公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

始めまして
娘が昨年春より青年海外協力隊の一員としてコロンビアに赴任しています。
現在はアルメニアで体操選手を育てる準備に四苦八苦しています。
ボゴタで窃盗に2回あい ホームステイ先の自宅でも盗難にあい タクシーから降りる際に荷物が残っているのに走り去られ、という度重なる不運に負けず、何度もめげそうになりながら頑張っているようです。
仕事を進める上では、約束を守らない いい加減な対応になかなかなじめず、頭を悩まし、それでも心優しい人たちにもいっぱい出会い助けてもらいながら貴重な日々をすごしているようです。
昨年秋に下の娘と二人でコロンビアに尋ねて行きました。 ボゴタ アルメニア カルタヘナに行き、上の娘のおかげで素晴しい思い出を作ってきました。 初めてなのに長々と申し訳ありません。コロンビアのことが書かれていたので嬉しくなって投稿しました。ちなみにエスペランサさんには娘がとてもよくしてもらっています。地球の裏側 お元気で頑張ってくださいね。

投稿: 明石 春枝 | 2008年4月26日 (土) 19時07分

明石様、こんにちは。お嬢様とはまだお会いした事がありませんが、お名前は存じ上げています。それにしてもこの一年間で随分と色々な目に遭われたようですね。こういう言い方は失礼かもしれませんが「災難のオンパレード」で、私の11年間の生活の中で遭った強盗遭遇1回、スリ1回、窃盗未遂1回に匹敵しますね。とはいえ、これらは世界中で有り得る「一般犯罪」ですから、仕方がありません。

アルメニアはコロンビア国内で私が最も気に入っている場所です。先年、日本の某ガイドブック編集部にこの場所を是非とも取り上げたいと懇願して以来、現在一ページのみを使っていますが、今後はもっとページ数を費やしたいほどです。現地の国立コーヒー公園について、私が管理する別のホームページ「未知の国・コロンビアからの便り」でも紹介しますので、そちらも是非ご覧下さい。アルメニアへは日本から観光ツアー先として某団体を誘致するつもりでいます。

"エスペランサさん"がどの方か、私には特定が出来ないのですが、隊員関係者の方であればまず間違いなく面識はある筈です。お嬢様は2年間の隊員生活で日本では考えられないような様々な事情に直面すると思いますが、後で振り返ればあっという間ですので「頑張って下さい」とお伝え下さい。

投稿: 管理人 | 2008年4月27日 (日) 07時28分

有難うございます。
本当に一人でいっぱいひどい目にあっているようです。
昔からしっかりしてそうで、ボーっとしたところの有るコなので・・・bearing
それでも、遠く離れていてもスカイプやメールでのやり取りで、日に日にたくましく成長しているのが分かります。
どんな時も全力疾走してしまうところがあるので南米の空気が娘には調度必要な部分だったような気もしています。

きっとかけがえの無い2年間になると思います。
人生一回sign01 出来るだけ悔いの残らないように楽しんで頑張ってほしいと思っています。

もし 娘を見かけることがありましたらどうぞよろしくお願いします。confident

投稿: 明石 春枝 | 2008年4月27日 (日) 22時23分

最近ではスカイプなどで気軽に日本と連絡が取れるようになっているようで、便利になりましたよね。私がこの地に来た当時はインターネット環境さえも満足ではなく、携帯電話の通話料も含めて接続料がかなり高くつきました。

現地アルメニアの生活事情は昔から比べれば多少ですが良くなっているように思います。先年大地震があった折に友人の救援で現地入りしましたが、小さい町ながらのんびりした良い印象を持って以来の事です。

お嬢様は公職にあるのでなかなか首都ボゴタまで出て来られる機会がなかろうかと思いますが、何かの折にお会いできると良いですね。日本とはまるで異なる現地での2年間の任務で精神面でもタフな人間になる事でしょうね。頑張って頂きたいものです。

投稿: 管理人 | 2008年4月28日 (月) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボゴタのアメ横 | トップページ | コロンビア国立コーヒー公園 »