ボゴタ在留邦人向けコーヒー農園ツアー催行

コロナ禍により外出禁止・自粛令となって以来首都ボゴタから出る事もままなりませんでしたが、8月末をもって解除されたのを機に先日首都ボゴタにお住まいの在留邦人(当地在日本企業駐在員御夫妻)からのお申し込みにより郊外にあるコーヒー農園ツアーを催行しました。自分としては2月以来実に「7カ月」ぶりにガイド業務を行いました。
Img_7867 Img_7869
画像は全てツアー前週に下見を兼ねて現地を訪れた際に撮り溜めたものです。前週に訪問した時点で私としては実に半年ぶりに標高2,600mのボゴタを離れ、1,200mも下ったフサガスガの地を踏みました。整備された現地までの街道を1,000m以上も標高が下がると空気が濃く、程良い暑さは快適過ぎでした。今回ご参加頂きました御夫妻も同様で、特に奥様は外出禁止・自粛令下の5か月間を含めツアー当日まで殆ど家から出る事無く過ごされていたとの事で、とても良い気分転換になった事と思います。
Img_7849 Img_7847
コロマコーヒー農園は中規模ながら外からでは全く分からないたたずまいで、何度訪れても飽きない特別な空間です。園内では複数の色鮮やかな鳥達を観察する事も出来ます。この日はまるで全身にペンキを塗ったような黄色の鳥を見かけました。
Img_7828 Img_7843
コロマコーヒー農園ではコーヒーの木々だけではなく、画像のカトレア(蘭)が現在は見頃で満開の花を咲かせていました。このカトレアは「トゥリアネイ」という種類で、1800年代にこのフサガスガで発見され世界に紹介されたものです。トゥリアネイは大輪の花が特徴で、蘭マニアにはよく知られた品種です。
Img_7832 Img_7829
現在は収穫期ではありませんので赤い実を付けたコーヒーの木々は極めて少ないですが、それでも幾つかの場所で真っ赤な実が鈴なりになった木を見る事が出来ました。そして右画像は「カカオ」の実です。農園オーナーが趣味で植えた木に実がついていました。通常、コーヒーとカカオは生産に適した標高帯が異なる為、同じ場所で見られる事は稀です。このコロマコーヒー農園ではこんな楽しみもあります。

現在中南米の複数国ではいわゆる「オンラインツアー」を企画催行しています。自宅に居ながらその場にいるような雰囲気を味わえるのがオンラインツアーです。他方、実際にガイド付きで現地を観光するツアーはまだ殆どの国で出来ないままです。そのような厳しい条件下にあってこの日7カ月ぶりにツアーを催行する事が出来、とても感慨深いものがありました。「次」はまだ未定ですが、私としては実に久しぶりに外で仕事が出来た・これだけでも有難い事でした。

ボゴタ在留邦人の皆様、長きにわたる外出禁止・自粛令でストレスフルの毎日をお過ごしの事と思います。例えば移動はご自身の車(+運転手)を御利用頂き、ガイドのみの御用命も可能です。ご自身で巡ると見逃してしまう見所も含め私がご案内します。ボゴタから車で片道約2時間という近い距離で標高は一気に1,200mも下がり、快適な時間を過ごす事が出来ます。お申し込み・御用命お待ち致します。

 

|

アメリカン航空コロンビア路線運航再開に関する御案内 (続報)

アメリカン航空(AA)コロンビア支社より正式に路線運航再開に関する情報を受け取りましたので下記にご案内します。

☆9月24日より運航再開(コロンビア航空局認可)隔日運航となります
マイアミ~メデジン・カリ・カルタヘナ往復(バランキージャはコロンビア政府の空港開港許可待ち)

この他、ダラス及びマイアミ~ボゴタ往復区間につきましてもコロンビア航空局より運航認可を得た旨運航再開日につきまして言及しています。但しこちらは現時点では非公表とします。この区間に関しましてご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたらこちら←にてお問い合わせ下さい。尚、いずれの路線につきましても運航スケジュールにつきまして微調整を行っているようです。後日詳細が確定します。

当社ANDES TOURSではコロンビア国内各都市から東京(羽田及び成田)・そして東京~コロンビア国内各都市へのAA航空券手配も承っています。ご連絡お待ちします。


|

コロンビア入出国に関する御案内

本件につきましてコロンビア政府運輸大臣及び厚生社会保障大臣より下記の内容が発表されましたのでご案内します。

(国際線運用再開空港)
ボゴタ・メデジン・カリ・カルタヘナ
(国際線運航再開路線国)
アメリカ、メキシコ、エクアドル、ブラジル、ドミニカ共和国、グアテマラ
(国際線運航再開日)
9月21日より

コロンビアへの入国及び出国に際しましていずれも24時間前から下記の入出国管理局サイトへのアクセスと情報事前入力・送信が必要となります。
https://apps.migracioncolombia.gov.co/pre-registro/public/preregistro.jsf


また、コロンビア入国に際しましては到着から起算して96時間(4日)以内に発行された「PCR検査陰性証明書」の提示が必要となります。尚、入国時に目立った症状(発熱その他)が見受けられない場合は隔離措置は施さない方針です。

観光での訪問はまだ先になろうかと思います。先行して商談・打ち合わせ等でのコロンビア訪問における受け入れ手配を承ります。


|

アメリカン航空コロンビア線運航再開の可能性

アメリカン航空(AA)コロンビア支社から得た情報によりますと、現在10月初旬を目途にダラス~ボゴタ往復区間の運航再開申請中との事です。こちらにつきましてAA側から具体的な日時について言及がありましたが、現時点では非公表とさせて頂きます(一部のお客様へのみご案内します)
これに先立ち、アメリカン航空は24日からマイアミ~カリ・メデジン・カルタヘナ・バランキージャ間往復(隔日運航)運航を再開する事でほぼ決定した模様です。



|

コロンビア関連の取材・映像収集等承ります

首都ボゴタは一部についてまだ制限が解除されていないものの外出禁止・自粛令は解除されています。とは言え国外からの入国は当分の間不可能です。コロンビアに関連する画像・映像等の取材撮影を承ります。
Img_20200623_162704386_hdr Img_20200901_145043270-1
また、オリンピック・パラリンピック関係の方々におかれましてもコロンビアに関するこんな画像・映像が欲しいというご要望に首都ボゴタ在住の新井がお応えします。尚、マーケットなどの密な場所・治安上危険と思われる場所の取材撮影は出来かねますのでご了承下さい。 お問い合わせ・ご連絡はこちら←をクリックして下さい。




|

コロンビア在留邦人の方々向け・9月の御帰国航空券手配承ります

未だ国際線商業便運航再開の目途が立っていない中、人道的フライト(特別便)の運航本数も少なくなってきています。その中ですが日本への御帰国航空券手配を承っています。
KLMオランダ航空はボゴタ発15日に運航します。途中カルタヘナ(給油)・アムステルダムを経由して成田へのご到着となります(17日)、アムステルダムでは約7時間の乗り継ぎ・お荷物はスルー扱いとなります。この他、以前から運航していますSpirit航空御利用での御帰国航空券も承ります(途中フォートローダーデールにて一泊)。
9月はこの他、18日にメキシコ・19日にニューヨーク(JFK)への特別便が運航しますが、いずれも乗り継ぎが悪くメキシコでは二泊、ニューヨークはその日のうちに他都市へ向かいそこから日本へ向かうか(ボゴタから乗り継ぎ二回)・若しくは二泊を要す事になります。
ご用命お待ちします。

|

外出禁止・自粛令解除後の首都ボゴタ旧市街地区

8月31日をもって5か月以上に及んだ外出禁止・自粛令が解除されました。コロナ感染はまだ終息した訳ではありませんので引き続き注意が必要ですが、これで一区切りとなり今後はコロナウイルスと共存の道を歩む事になります。
政令が解除された事で9月1日から活況が戻るかと思ったのですがそうではなく、私の勤務先も含め大半のオフィスビルや店舗はボゴタ市当局から立入り及び全面営業許可が得られた訳ではありませんので、閑散としていて解除前と殆ど変わりません。オフィス街は引き続きゴーストタウン化していて、スーツ姿のサラリーマンは皆無に近いです。ほぼ完全停止に近い状態になってしまった経済活動を元に戻すにはまだ相当の時間がかかる事を実感しています。そんな中、ボゴタ市旧市街地区を半年近くぶりに訪れてみました。
Img_7706 Img_7709 Img_7711
左から順に「金博物館」「ボリーバル広場」「国会議事堂から大統領府へ向かう道」です。各博物館・教会はボゴタ市当局から入場者受け入れの許可が出ていない為引き続き閉鎖中です。また、ボリーバル広場も閑散としていました。当たり前ですが外国人観光客の姿など全くなく、活況が戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。そして大統領府へ向かう道はどこも完全に封鎖されたままでいつ近づけるのか今の所目途が立っていません。
Img_7694 Img_7692 Img_7693
旧市街地区中心部に近いコロンビア料理レストラン各店はとりあえず営業を再開していました。その中でもボゴタ市内最古・1816年創業(コロンビア独立戦争時)の老舗"La Puerta Falsa"はコロナ禍に巻き込まれて一旦廃業を宣言し、市民の間に衝撃が走りました。その後存続を求める多くの人々の後押しもあり、復活営業を成し遂げていました。
Img_7699 Img_7696 Img_7695
その他のコロンビア料理専門レストランも5か月に及んだ困難に耐え、営業を再開していました。しかしながら現在外国人を含めた観光客の姿は全くありませんので引き続き困難な日々が続くのは間違いありません。まだまだ道のりは険しい・それを実感した視察でした。この日の旧市街地区は密とは程遠い、ガランとしていたのでそれも余計に寂しさを感じました。5か月の空白期間を戻すのは容易ではありませんね。


|

失われた5か月を経て新たな生活へ

やっと終わります・・・実に5か月にも及んだ外出自粛・禁止令。精神的に相当追い込まれ、向上心というものを完全に失っていました。どう長くても8月で終わるという覚悟で日々を過ごしていましたので、これが9月以降まで延長されたらもう持たないと悲壮感さえ感じていました。これで一部制限(スーパー等の入店は身分証明書の末尾番号により2日に一度、オフィスでの勤務体制など)はありますが、やっと普通に近い生活に戻れます。
Img_20171030_161933789_hdr Img_3648
コロンビア国内線は9月から暫定的に14路線(ボゴタ発着はカリ・カルタヘナ・メデジン・バランキージャ・ブカラマンガ・ククタ・サンタマルタ・モンテリア・パスト・サンアンドレス島・ビジャビセンシオ)が復活運航します。国際線につきましてはまだ未定で、こちらは近いうちに路線等が発表される筈です。
Img_2607 Img_8030
9月1日から郊外の町その他、陸路移動も可能となります。これまで5か月、国内旅行はおろか隣町さえも行けない軟禁状態が続き、旅行業界関係者としては失意のどん底にありました。コロンビア在留邦人の方々も息抜きで郊外へドライブに出かける事すら許されない日々が5カ月も続いてストレスが最大状態だったと思います。これも8月をもって終了し、9月からは近郊への旅行も可能になります。

この間失ったものは多々ありました。コロナ禍さえなければ今頃はオリンピックの大掛かりな手配を終えてホッと一息ついていた筈です。IDB(米州開発銀行)年次総会のキャンセルから始まり、豪華クルーズ船「飛鳥II」寄港キャンセル、サッカー・コパアメリカ(南米選手権)決勝関係の手配その他軒並みキャンセルとなり一転して苦境に追い込まれました。一時はこの仕事を続ける事に限界を感じたのも事実です。

9月から5か月以上ぶりに移動の制限を受ける事無くあちこち訪れる事が出来ます。勿論コロナ感染には最大限気を付ける必要がありますが、5か月も足を踏みいれていないボゴタ市旧市街地区の観光スポットや郊外の観光地などを訪れてみたいと思っています。一から出直しの人生です。皆さんに「コロンビアへ行ってみたい」と思って頂けるよう、再び情報を発信していければと考えています。


|

☆続報・KLMオランダ航空御利用による日本への御帰国航空券

KLMオランダ航空が9月1日・8日・15日・22日ボゴタ発・人道的フライト(特別便)を運航します。運航スケジュールは下記の通りです。
ボゴタ(12:10)-カルタヘナ経由(給油時間1時間10分)-アムステルダム(翌日7:50) KL748
この便を御利用頂きますと下記の成田行きに接続が可能です(9月1日発以外)
アムステルダム(14:35)-成田(翌日08:35) KL861
ボゴタ~アムステルダム間の特別便御予約方法はメール・若しくは電話でのみとなります(KLMウエブサイトからの予約は受け付けていません)また、48時間以内の乗り継ぎでトランジットエリア内待機であればオランダ通過は問題なく、預け荷物はボゴタから成田までスルー扱いとなります。
当社ANDES TOURSではこの特別便+通常便の御予約手配を承ります。
(日本在住のコロンビア国籍の方で当地にて足止めとなっていて日本再入国となる方は9月1日以降、コロンビア出発72時間以内に発行された「PCR検査陰性証明書」の取得が必要となります)


|

☆運航日限定(9月)KLMオランダ航空特別便(人道的フライト)御利用による日本への御帰国の可能性

当社に入った情報では9月に運航日限定でKLMオランダ航空がアムステルダムへの特別便を運航・こちらは公売を行う予定です(KLMウエブサイトからのご購入は不可との事)。現在予約・発券方法及び料金詳細を確認中です(予定ではボゴタ発12:00前後・カルタヘナ経由アムステルダム到着翌日7:00頃)
この特別便を御利用になるとアムステルダム14:35発成田行きの便(成田着翌日8:35)の通常便に乗り継ぐ事が出来ます。詳細がはっきり次第ご案内します。

|

外出自粛・禁止令から五ヶ月

3月20日にボゴタ市長が「外出自粛令」を発令してからついに"五ヶ月"です。その後大統領令により「条件付き外出禁止令」が発令されてからまさかの五ヶ月・この間経済はズタズタで、最新のデータでは2020年第二四半期GDP(国内総生産)は前年比「マイナス15.7%」と、統計を取り始めて以来最悪の数字となりました(日本は前期比マイナス7.4%)失業率は主要13市においては「約25%」と、もう悲惨そのものです。私が従事している旅行業界も売上収入が「96%減(前期比なのか前年比なのか不明)」正規雇用の社員は公表されているだけで約20%削減という状況です。私は辛うじて仕事がありますが、旅行業界関係の大多数はこの五ヶ月全く売り上げがない所も相当あります。おそらくほぼ全ての方々がそう思っている筈で、まさかこの外出自粛・禁止令が五ヶ月にも及ぶとは当初全く予想だにしなかったでしょう。
Nk6322-17aug2020 Nk6322-17aug20202
出入国が出来なくなってから、これも五ヶ月になります。この間人道的フライト(特別便)利用により多くのコロンビア在留日本人の方々、そして日本在住で里帰り中に足止めとなっていたコロンビア人の方々の御帰国・再入国航空券手配を承り、先日のカリ発特別便により現在出国が可能なボゴタ・メデジン・カリ・カルタヘナの全都市発による航空券手配を達成しました。外出禁止令発令後しばらくは実質失業・蓄えを潰す日々を覚悟しましたが、幸いな事に毎月何がしかの御依頼を頂いており、本当に有り難く思っています。
Av156-bogmex-19aug2020 Av156-bogmex-19aug20202
先日はこれまでで最年長の方の御帰国航空券を手掛け、無事に出国・日本への帰国の途に就かれました。70歳を超えるお歳で果敢にもスペイン語の短期レッスンの為にボゴタに御滞在中に足止めとなり五ヶ月、いよいよご自身の身も危ういと心配になられご連絡を頂き、御帰国航空券手配を承りました。最初に御連絡頂いた際は率直に「よくぞ五ヶ月ご無事でしたね」と言わざるを得ないほど驚きました。加えてアパートを借りて一人暮らしをされていると伺い、余計に驚きました。活動的な性格から隣近所の方々ととても仲良くされていたようですが、それでもストレスフルで限界に達していたようです。3月からこれまで、60歳以上の方々は未だ外出に厳しい制限が課せられています。その中での御滞在を経て無事出国する事が出来、私自身ホッとしました。
Img_7649 Img_7650 Img_7652
私が住んでいる「ウサケン地区(Calle100から北・アウトピスタから東側の広範囲を指します)」では16日から独自の制限が課せられていて、ストレスはもうフルどころではありません。左画像は手芸用品店で制限令の前は編み物などをする女性が列を作っていましたが30日まで一時閉店です。中画像は国内各地に店舗を持つ大手文具店です。こちらも店内の電灯はつけられていますが一時的閉店です。そして右画像は私にとり「憩いの場」朝の散歩時や日中の買い物時にくつろいでいたショッピングモールのベンチも使用禁止になっています。憩いの場さえ使えなくなり、厳しい日々が続いています。


|

9月以降のコロンビア国内各空港再開と国内・国際線運航予定について

大手紙が報じた内容では、9月1日以降「試験的」として一部の国内線に限定して空港再開及び運航再開の方向で準備を進めています。これは路線・便数・運行航空会社を限定して行われる予定です。ボゴタ発着便について現時点で9月からの運航再開予定は下記の路線です。
☆ボゴタ~カルタヘナ間
☆ボゴタ~サン・アンドレス島間
☆ボゴタ~レティシア間

国際線につきましてはコロンビア航空当局が各国と「協議を始めている」段階ですので、9月からの商業便運航再開とは程遠いのが現状です。推測ですが国際線の運航再開は早くても10月以降、それも路線(国)・便数・航空会社を限定してとなる可能性があります。ボゴタ市長は国外から人々が一気に来訪してくる事に懸念を示しており、かなり制限がかかる事が予想されます。
尚、いわゆる「人道的フライト」につきましては元々8月までにコロンビアからの出国及び自国民の帰還困難者の大半を支援する予定で運航し続けていましたので、9月以降の運航につきましては現時点で未定となっています。

|

5か月の外出・活動制限に更に追い打ちをかける原則外出禁止令発令

コロンビア国内における外出・経済活動等の制限はもう五ヶ月に及びます。口には出しませんが、皆疲弊し切っている筈です。かく言う私もさすがに精神的疲労がピークに達しています。そんな中、更に追い打ちをかけるような措置が首都ボゴタ市長より発表されました。

16日(日)から30日(日)まで、これまで制限地区に含まれていなかった「ウサケン(Usaquen)」地区(Calle100から北・アウトピスタより東全域)や、先日も同様の措置が発令された「チャピネロ(Chapinero)」地区(Calle100から南のCalle55あたりまで、アウトピスタ及びカラカス通りより東域)を含む広範囲が条件付き外出禁止となります。これによりスーパーや薬局・銀行など生活に必要な店舗以外の商業施設は一時的閉鎖、買物等での外出は一家族一名に限定、夜8時から翌朝5時まで外出禁止、期間中店舗は酒類の販売禁止などとなります。

これまで五ヶ月、これだけの厳しい措置を施しながらコロナウイルス新規感染者数は増加の一途をたどっており、今回のこの措置が果たして効果的なのか、もはや殆どの人々は懐疑的ではないかと私個人的には思います。私も自分で自分の為の航空券を手配して日本へ帰りたい・・・このコメントをご覧になられた読者の方々は本気なのか冗談なのかと思われる事でしょうね(汗)


|

8月19日ボゴタ発メキシコ行き特別便+日本行き航空券御利用手配お申し込み承ります

先日ご案内しました通り8月19日ボゴタ発メキシコ行き特別便が運航します。こちらは在コロンビア日本大使館様を通じて在コロンビアメキシコ大使館様への搭乗申請が必要となります。当社ANDES TOURSでは両大使館様への御利用申請代行・特別便航空券手配、そしてメキシコ~日本間の航空券や乗り継ぎ地メキシコシティでの休憩用ホテル手配を承ります。日本在住のコロンビア人の方々で現在当地にて足止め状態の方は、この便を御利用になりますと8月中に日本へ再入国となりますのでPCR検査陰性証明書の取得・提示が不要のラストチャンスになるかもしれません。お申込みお待ちします。
Podemos ayudarle tiquete de vuelo del dia 19 de Agosto Bogota-Ciudad de Mexico en vuelo humanitario y Mexico-Tokio en vuelo comercial (ANA) Tambien podemos tramitar solicitud de abordaje del vuelo humanitario a las embajadas de Japon y Mexico.
Los colombianos que tengan un título de residencia permanente en Japón y actualmente estén varados aquí para regresar a Japón deberán presentar un "Certificado Negativo de Prueba de Coronavirus" emitido en una institución médica en Colombia para su reingreso a Japón a partir de septiembre. Se dice que el emitido dentro de las 72 horas desde la salida de Colombia es válido. Se alienta a los colombianos que viven en Japón que actualmente se encuentran en Colombia a abandonar el país lo antes posible.



|

☆コロンビア在住の方々・8月19日ボゴタ発メキシコへの特別便運航

8月19日ボゴタ発メキシコシティへの特別便が運航します。こちらは在コロンビア・メキシコ大使館様の搭乗許可申請受付待ちの状態です。申請受付が始まり次第関係各所経由で告知されます。8月は特別便の運航便数が少ない中、限られたチャンスです。まだ御利用・搭乗出来るかは未定ですが御準備される事をお勧めします。


|

«☆日本政府がコロンビアへCOVID19対策として医療機器等を寄贈